058-272-3555

平日 8:30~17:00 お気軽にお問い合わせください


「自動車事故費用共済」


重い加害事故の債務、人身事故にもうひとつの安心を
 人身事故で加害者となった場合、 お見舞費用・香典料など多額の自己負担が必要になる場合があります。
 相手側に対する道義的責任(誠意)についての補償は、自動車保険では必ずしも十分であるとはいえません。

 共済契約の登録車両での交通事故(人身事故)に起因する死亡、 後遺障害または入通院に係る共済金請求事由が発生した場合、契約者側の負傷者はもちろん、 相手側に対する契約者の経済的負担に対しても、下表記載の共済金を支払います。
但し、事故相手側に対する支払は、共済契約者側にわずかでも過失がある場合に限ります。
                                       *共済金は、1事故の総額で300万円が限度です。
すべての共済金は、共済契約者に支払います
補 償 内 容
(共済金額300万円)
負傷者が契約者側 負傷者が相手側
(契約者側に過失がある場合)
死亡共済金
事故の日から180日以内に死亡されたとき
300万円 共済契約者が負担した
合計 300万円までの実費
死亡臨時費用共済金(相手側)
30万円
*上記死亡共済金限度額に含まれる
後遺障害共済金
 *障害級別による
12~300万円 共済契約者が負担した
合計 300万円までの実費
入通院共済金
 *365日又は300万円限度
 *日額18,000円限度
負傷者1人あたり
入院日額 4,500
通院日額 2,250
左記に応じて算出した額を限度に
共済契約者が負担した
合計 300万円までの実費
入通院臨時費用共済金(相手側)
 *3日以上の入通院をしたとき 

万円
*上記入通院共済金限度額に含まれる
対物事故共済金特約(相手側)
(掛金は主契約に含まれています)
 *1共済期間内に1回

万円
他人の財物を破損させ、その賠償額が2万円以上となったとき。
車両事故共済金特約(契約者側)
(別途特約掛金が必要です)
 *1共済期間内に1回
万円
偶然の事故、盗難、いたずら等により、契約車両に3万円以上の損害が生じたとき。

 共済契約者が負担した実費
 人身事故を起こした場合、お見舞に行くなどして被害者に対する誠意を示さないと、示談交渉がスムーズに運ばない場合があります。  そのような場合に、共済契約者が負担した実費費用をいいます。
 ☆ 示談交渉までにとるべき措置としては
  ・ 死亡事故の場合の葬儀等への出席
     香典、供花等の費用
   傷害事故の場合のお見舞
     菓子、果物代、交通費等の費用

加入車種と共済掛金(対物事故共済金特約掛金を含む)主契約共済金額300万円(特約共済金額3万円)
車  種
ナンバー
年払
月払
1.自家用乗用自動車
3XX・5XX・7XX
10,000円
1,000円
2.自家用軽乗用自動車
5XX
  5,500円
   550円
3.自家用普通貨物自動車(2t超)
1XX
17,500円
1,750円
4.自家用普通貨物自動車(2t以下)
1XX
14,500円
1,450円
5.自家用小型貨物自動車
4XX
10,000円
1,000円
6.自家用軽貨物自動車
4XX
  5,500円
   550円
※車両事故共済金特約は別途下記の共済掛金が必要です。(特約共済金額3万円) 
車両事故共済金特約
年払
2,100円
月払
210円
 補償の対象となる運転者の範囲(契約車両)
   事業所契約の場合
     共済契約者、共済契約者が雇用する者、契約申込書記載の届出運転者(2名)
   個人契約の場合
     共済契約者、共済契約者の同居の家族、契約申込書記載の届出運転者(2名)

共済掛金の口座振替について
1.共済掛金の口座振替をするに当たって
 指定口座が提携金融機関等に、共済期間の初日までに設定されていること。
 この共済契約の締結および組合への共済掛金口座振替依頼書の提出が共済期間の初日までになされていること。
2.共済掛金の払込
(1)共済契約者は、次に定める期日までに共済掛金を払い込まなければなりません。
 初回共済掛金である場合は、契約申込日の翌月の27日
 次年度以降の共済掛金である場合は、継続契約開始日の属する月の27日
(2)払込期日が休業日に該当し、共済掛金の払込みがその休業日の翌営業日に行われた場合には、払込期日に払込みがあったものとみなします。
(3)初回共済掛金の払込みを怠り、その理由が組合による場合または口座振替依頼書提出の締切等による場合は、翌月の応当日を払込期日とみなします。ただし、口座振替請求が行われなかった理由が共済契約者の責めに帰すべき事由による場合を除きます。
(4)組合は、口座振替により払い込まれた共済掛金については、原則、領収証を発行しません
3.共済掛金口座振替不能の場合の取扱い
 初回(初年度)共済掛金の口座振替が不能となった場合は、共済契約は無効となります。
 次年度以降の共済掛金の口座振替が不能となった場合は、払込期日の属する月の翌月の応答日に、再度1年分の共済掛金の口座振替を行います
 ②の共済掛金の口座振替が不能となった場合は、共済契約は最初の払込みがなかった払込期日の属する月の1日にさかのぼって効力を失うものとします。
4.共済掛金払込み前の事故の取扱い
  事故の発生の日以前に到来した払込期日に払い込むべき共済掛金の払込みを怠っていた場合において、最初に払込みを怠った払込期日の属する月の翌月末までに 組合に共済金の支払請求が行われるときは、払い込むべき共済掛金を払い込んだときに限り、その損害または損失に対する共済金を支払います。